金沢の歯科医療には大きな特徴があります

subpage01

石川県金沢市は、加賀百万石の城下町として繁栄してきた歴史を持っています。



戦争中には米軍の空襲を受けなかったことで、古くからの情緒がそのまま残された街並みを見ることができます。



金箔や銀箔などの伝統工芸は今も引き継がれています。また、観光としても有名で、日本三名園の一つである兼六園や百万石まつり、郷土料理の治部煮などは、広く知られています。

金沢は金融や経済の面でも、北陸地方ではメインとなる位置づけにあります。

官公庁や大手企業の北陸での窓口が置かれることが多いです。


医療機関も県立や市立の病院はじめ、多く存在しています。
歯科医療の面でも、市内には200を超す歯科クリニックがあります。



金沢市においても、歯科クリニックの増加現象が見られています。

その潮流の中にあって、予防に重点を置いたクリニックが増加している点が大きな特徴です。従来は、歯周病なり虫歯なりの症状があらわれてからクリニックを訪れ、治療を受けるとの流れが主流でした。

昨今の金沢では、みずからが日常的に歯のケアを心がけ、歯の不具合が生じないように対処していこうというものです。

そのために、年に何回か、医師や衛生士による健診を受けることとなっています。言うまでもないことですが、症状が発生してから治療を行うよりも、症状が出ないように配慮しておくほうが、はるかにプラス面が多いです。
痛みや出血の症状が出てきたら、肉体的な苦痛や食生活の不便、治療費の負担などと決して楽ではありません。


金沢では、予防に積極的に取り組む歯科医の存在が目立ちます。